お酢をどんどん使いましょう

お酢は疲労回復や代謝促進などの効果があり、体にいいことはよく知られています。

でもお酢を使った料理はなかなか作らないという人も多いのではないでしょうか?
酢の物は副菜のイメージですし、毎日食べたいものでもないですよね。
そこで普段から簡単に取り入れられる方法をいくつか紹介します。

「ポテトサラダにお酢」
じゃがいもを柔らかく煮て潰すときにお酢をいれます。
こうすることで味がしっかりするのでマヨネーズの量を減らすことができてカロリーオフになります。一緒にヨーグルトを入れるのもおすすめです。冷めてもしっとりとした美味しいポテトサラダになります。お弁当に入れるときもお酢には殺菌効果があるので安心です。

「切り干し大根とお酢」
切り干し大根を煮込む時に大さじ一杯くらいのお酢をいれます。甘辛い味にしまりが出て美味しくなります。切り干し大根は干すことでカルシウムが生の大根の23倍になるそうです。お酢にはカルシウムが体に吸収されるのを助ける効果があるので抜群の組み合わせと言えます。茹でることで酸味は弱まるので酸っぱいのが苦手な人にもおすすめです。

「手作りの餃子のたれ」
お酢と醤油を1対1で合わせたものにラー油を入れるのは一般的ですが、ラー油の代わりに胡椒や柚子胡椒を付けるのも美味しいです。他にはゴマ油と山椒を入れるのもおすすめ。ニンニクたっぷりの餃子もさっぱりと食べられます。上記のたれを肉まんにつけて食べるのもおすすめです。

「ラーメンに入れる」
なかなか料理はしないという人も外食でラーメンを頼んだ時にお酢を入れるといいです。餃子を扱っている店だとテーブルには必ずお酢が置いてあります。油っぽさがお酢で緩和されて味がさっぱりします。疲れているときに油っぽいものが食べたくなりますが、ラーメンに入れることでお酢で疲労回復ができます。

「胃が弱い人、冷え性の人は熱を加えて摂取する」
生のお酢は代謝をアップさせますが体を冷やす効果もあるので冷え性の人はお酢をドリンクで割って飲むのはNGです。強い酸は胃を痛めるので胃の弱い人はストレートで取ってはいけません。また酸は歯を溶かすので赤ワインを好む人がなりがちな酸蝕歯になってしまいます。できれば料理に入れるなど加熱して摂取するとよいでしょう。

PR|貯蓄|健康マニアによる無病ライフ|クレジットカードの即日発行じゃけん|オーディオ|女性向けエステ.com|ショッピングカート|JALカード|家計見直しクラブ|マッサージのリアル口コミ.com|お家の見直ししま専科|優良サイト順|お小遣いNET|カラスの童話|SEOアクセスアップ相互リンク集|英語上達の秘訣|