“ポン酢については、さっぱりとした味であることから年を取る度にそれを多く使うようになっています。そのポン酢は、柑橘系の味がするモノが多く、その酸っぱさがクセになります。鍋を食べる時もそれをつけることにより、野菜の甘さを感じることができるので鍋と言うと、そのポン酢を使うことにしています。
中でも特に気にいっているのは、なんといっても柚がたっぷりと入ったモノです。それは柚が有名な地方で作られたもので、その香りが市販で販売されているものと違うのです。色も、少し薄めになっていて、多分柚の絞り汁が多めに入っていると想像します。味がとてもいいので、魚等にもかけることにしています。すると、魚臭さを取ることが出来るのです。
子供たちは、ポン酢をあまり好きではありませんが、この取り寄せたゆずの香りがいっぱいのポン酢については、とてもバクバク食べてくれます。魚もどんどん食べるので、子供ながらにそのよさをわかっているようです。”